Corel ブログ 製品情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月17日にCorelDRAW Graphics Suite X6が新発売されました!
CorelDRAW Graphics Suite X6では以下のツールすべてが含まれています。

C1.jpg


また、他にもWebサイトデザインソフト「Corel® Website Creator™ X6(自分で作成できる 高性能なWeb サイト デザイン ソフトウェア)」や、10,000点を超えるコンテンツやテンプレート、トレーニング ビデオなどが付属されているので初めての方も、すぐに操作に慣れることができて安心♪
プロ品質のデザインツールと豊富なコンテンツで紙からWebまであらゆるデザインが可能です。

新機能は以下の通り!
・カラーの調和
色のバランスを保ったまま、素早く別の配色を試すことが可能です。
個々のカラースタイルも編集できるだけでなく、マスターカラーを変えるだけで色を変更出来るグラデーションも作ることができます
C2.jpg


・カラー スタイル
ドキュメントで使用されているカラーをカラースタイルとして追加でき、そのカラーをリンクされたすべてのオブジェクトに素早く適用できます。
C3.jpg

・整形ツール
新たに輪郭をドラッグしてオブジェクトを整形する4つの整形ツールが導入されています。
C4.jpg

・ネイティブ 64ビット&マルチコアサポート
サイズの大きいファイル、写真の編集、大きなオブジェクトのコピー&ペーストなどを高速に処理できるようになりました。

・ [オブジェクトのプロパティ] ドッキング ウィンドウ
輪郭、塗りつぶし、段落、文字、テキストフレームなどのスタイルを作成管理できます。スタイルセットにお気に入りのスタイルをグループ化すれば、多数のオブジェクトにまとめて適応することが可能です。

・WEBコンテンツ制作ツール
Webサイトの構築やデザイン、管理が手軽に簡単行える強力なWebコンテンツ制作ツール「Corel® Website Creator™ X6」が付属!

他にも多数の強化機能も満載です!
詳細はコチラでご確認ください。
スポンサーサイト
Painterユーザーのみなさんにお知らせです。
Painterをお持ちで、かつiPadを使われている皆様、Painter 12に対応のiPad用アプリ、Corel Cinco for Painterがリリースされしました!

これを使えば、iPadに手を添えたときの自分の手や指の位置を登録して、5本の指(Cinco)それぞれにショートカットを割り当てることが可能!これにより、ペインティングに集中し、効率的にそして自然にPainter 12を操作することが可能です。

詳細はコチラでcheckしてみてくださいネ!

※なお、英語版なのため、日本ではサポート対象外となりますのでご了承ください

1/30に写真管理ソフトウェア 「Corel AfterShot Pro」 が新発売されました!

Corel AfterShot Proは、自在な写真管理、高度な非破壊編集、完全なRAWファイル処理が
組み合わさったスピーディで柔軟な写真ワークフロー ソリューションです。

m5330066_aftershot_205x211_JP.png

最近では、一眼レフを持ち歩く方も多いですよね。
旅先の景色や、日常の一コマだったり、大好きな家族やペットだったり・・・
一眼レフで撮影することで、貴重な瞬間をきれいに撮れるようになってきていますね。

そして、「Corel AfterShot Pro」 ではこうした一眼レフで撮影したRAWデータの編集が素早くできるのです。

さてRAWデータって?という方も多いのではないでしょうか。
RAWデータとは、デジタルカメラなどにおける完成状態にされていない画像データのことです。

多くの従来のいわゆるデジタルカメラで採用されている単板式カラーCCD・CMOSイメージセンサでは、各画素が単色の色情報しか持っていません。
このためデジタルカメラは撮影時に各画素に対してその周辺画素から、足りない色情報を集めることで色情報を補完し、フルカラー画像を作り出す「デモザイク」処理を行っていました。

そして、そのデモザイクに並行して色や明るさのトーン等を自動レタッチする画像処理を行い、完成した画像をJPEGやTIFFなどの汎用画像フォーマットで保存するという形式をとっていたのです。

ただこの方法だと、現像後はホワイトバランス(色温度)などが固定されてしまうため簡単に修正ができず、編集にこだわる方からは不満の声もあったとか。
なぜなら通常の画像フォーマットで保存されたデータでは大胆なレタッチをしようとすればするほど、画質低下が際立ち、作品作りの自由度なくなってしまっていたのです。

このため、最近人気のデジタル一眼レフカメラなど高機能カメラを中心に、デモザイク前の生データ、すなわちRAWデータをそのままファイル保存する機能を持つものが増え始めているのです。

RAW画像は専用に設計された現像ソフトによって自由に調整・出力が可能なのです。

Corel AfterShot Pro」では、写真をカタログやフォルダーで整理したり、カメラ設定、キーワード、タグなどで検索できるさまざまなメタデータ ツールを使って画像をすばやく検索できます。

また、RAW対応しているファイルならば、トリミング、傾き補正、ハイライト部回復、ノイズの除去、カラー処理などの多様な編集ツールを用いた写真編集も可能!
処理能力の速さは必見です!

ぜひ、無料体験版などをお試しの上大切な写真を素敵な思い出の一枚へと変身させてみてはいかがですか?
こんにちは!
めっきり冷え込んでまいりました・・・こういう時期は体調なども崩しやすいころですよね。
これからが寒さの本番。体調管理には気を付けましょう!

さて、本日は写真編集ソフトPaintShop Pro X4を使って、デジカメなどで撮った画像を、今流行りの、一眼レフっぽく加工する方法についてご案内します。

すごく簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ではこのワンちゃんの画像を使ってみましょう。

moto3.jpg

一眼レフといえば、あこがれのぼかし効果。
ピントを合わせて周りをぼかした画像は、デジカメユーザー憧れですよね。

画像を展開したら、上部ツールバーより「調整」を選択し、「被写界深度」を選択します。
※「被写界深度」は旧バージョンでは「フィールド奥行き」の名称となります。

使用1


ウインドウが開いたら、ぼかしの形や強度を調整します。

使用2

すると!
こんな風に、ワンちゃんを強調して周りをぼかした一眼レフで撮ったような画像の出来上がり!

dekiagari.jpg

同じく、顔をUPにさせたい場合にも効果的!

bestSmileMonica.jpg

ぜひ、PaintShop Pro X4 を使って、オリジナル写真をプロっぽく?!加工させてみて下さい!


本日はVideoStudio X4 でのテンプレート作成についての話題をお届けします。

まずは、VideoStudio X4でのテンプレートの取り込み方についておさらいしましょう。

以下の起動画面から「インスタントプロジェクト」を選択。

img001.jpg


開いたウインドウの、「テンプレートの取り込み」を選択します。

img002.jpg


お好きなテンプレート選択してみてくださいね!

そして本日はもう一つ皆様にお知らせ!
人気テレビ番組「情熱大陸」風のテンプレートがあったら・・・という声にお応えし、
我がCORELテクニカルサポートスタッフが作成した「情熱大陸」風のテンプレートをご紹介します!!

ぜひこちらまでアクセスしてください!
※ダウンロードしたファイルはzip 圧縮されています。解凍してご使用ください。

また、VideoStudio Ultimate X4 / VideoStudio Pro X4 追加コンテンツはここからもダウンロード可能です!ぜひご利用ください!


テンプレートの使い方に関しての詳しい操作方法などはコチラをご参照くださいネ。

試しに、簡単な結婚式の思いでビデオを作成してみたので紹介いたします!
海外などで挙式した時には、参加できなかった家族や友人に、紹介したくなりますよね?!
そんなときのためにも、また家族の思い出のためにも、こんな思い出作りはいかがでしょうか?

[高画質で再生]

テンプレート シェアリング [ウィキ]

ご参考にしていただきながら、VideoStudio X4で、結婚式のプロフィールビデオや企業紹介などのほか、日常のシーンの様々なシーンに合わせて、オリジナルのビデオ作成をお楽しみください!
また、今後皆さんがそれぞれ作成したテンプレートシェア機能なども準備中です。
ぜひご期待ください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。