Corel ブログ MotionStudio 3D 発表です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Corelから新しいソフト「MotionStudio 3D」が発表されました!

Corelとしては今までにないタイプのソフトウェアなのですが、面白いソフトウェアなのでたくさんのお客様にご利用いただきたいと思っています。

「じゃあ、どんなことができるソフトなの?」 と疑問をお持ちになるお客様のためにご紹介していきましょう!

簡単に言うと、ビデオ作品のタイトル画面などに使える短編の3Dアニメーションを作成できるソフトウェアです。
なかなかイメージがわきづらいと思うので、以下に、MotionStudio 3Dで作成したサンプルをお見せします。

動画:motionstudio_01

ブログの担当者のセンスが悪くて伝わりづらいかもしれませんが、映画の最初に表示される映画会社名のタイトルロゴのような動画を簡単に、カッコよく作れるソフトです。ブログ用の動画なので低画質ですが、実際にはハイビジョンでも3Dアニメーションが作成できるんですよ。

以下のステップでこの動画が作れます。

1.MotionStudio 3Dを立ち上げる
2.テキストのサンプルから使いたい種類(スタイル)を選ぶ
3.文字を変更する
4.色を変える
5.テンプレートを使用して効果を加える
6.ビデオファイルを作成する

このソフトウェアの中にはたくさんのテンプレートやサンプルが入っているので、それを組み合わせるだけで、ある程度の作品ができるようになっています。もちろん数値を細かく変更して凝った作品を作ることもできます。

こうやって作ったアニメーションは、VideoStudio でお客様が編集しているビデオ作品の導入部として使ったり、ビデオに字幕のように重ねて、ビデオをより効果的に仕上げるために活用できます。
MotionStudio 3D には、編集したアニメーションのプロジェクトをそのまま VideoStudio X4 のタイムラインに出力する機能があるので、VideoStudio X4 をご使用のお客様は組み合わせてご利用いただけます!

もちろん旧バージョンのVideoStudioでも、MotionStudio 3Dで作成したビデオファイルを読み込みできます。
※ブログ担当者は VideoStudio バージョン 12 と X3で試しました。


下は動画作品に重ねた場合の例です。文字と紙吹雪の効果を使っています。

MT_02.jpg

MotionStudio 3D にはテキスト文字だけでなく、3D オブジェクトも 55 種類入っています。
UFO のオブジェクトを使うとこんな感じになります。

MT_03.jpg

動画だとこのUFOが画面内を飛び回るんですよ!

ここまでお読みいただいて、ご興味を持っていただけたら、実際に体験版を使ってみてください!

体験版ダウンロードはこちら
PDFマニュアルはこちら
※PDFマニュアルはパッケージ製品付属のものと同内容です。

ダウンロード版は、Corel ストアですぐにご購入いただけます。
※パッケージ版は後日の発売となり、現在はご予約のみ承っております。

電話でのご購入:0570-009-002 (月~金 10:00~12:00/13:30~17:30)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。